[0歳 8ヶ月-]サウンドラトル・タワー|PW〈ガラガラ・ラトル 赤ちゃんのおもちゃ〉

販売価格 2,376円(税込)
購入数

ハイハイが楽しくなる!転がる知育玩具


転がるラトルは、ハイハイなど赤ちゃんが自分で動けるようになってきた頃におすすめの知育玩具です。
動けるようになってくると、自分の興味のあるものに向かって、自分の意思で移動することができます。

それまで動けなかった赤ちゃんにしてみれば、自分の周囲に見えるもの全てが目新しく、興味深いものです。
そんな赤ちゃんにとって、カラフルで、心地よい音色を鳴らしながら転がるラトルは、とても魅力的な存在です。





目の前で転がしてあげると、一生懸命追視し、追いかけようとすると思います。
自分の手で持っていたのに、ちょっと落とした拍子にころころと転がるラトル。
まてまて〜!と、ようやく追いついたのに、指をひっかけた拍子に勢いづいてまた転がるラトル。
赤ちゃんにはラトルが意思を持って、わざと逃げているように感じているかもしれませんね。

赤ちゃんは夢中になると、目の前のものに集中してしまうので、危険なところにいかないように周囲の環境を整えて、思う存分動き回れるようにしてあげてくださいね。

飽きたっていいんです!可能性を広げてくれる木のおもちゃ


すぐに飽きるのは赤ちゃんの特徴です。
幼い頃から集中力を養うことは大切ですが、目新しいものだらけの世界の中では、他に気になるものが目に入ると、集中力が途切れて興味が移ってしまうのは仕方のないことです。

ハイハイやひとり歩きをはじめたら、無理にひとつのもので遊ばせようと考えずに、赤ちゃんの探索活動を重視して、いろんなものに触れさせてあげてください。

転がるラトルのように、自分の思い通りにいかないことを経験することで、
「これはなんだろう?」
「どうしてだろう?」
と、赤ちゃんの探究心や好奇心は育まれていきます。

ころころ転がるラトルを追いかけたその先に、新たな世界が見つかるのです。
赤ちゃんの可能性を広げてくれる素敵な木のおもちゃです。

赤ちゃんの手にぴったりの玉落としおもちゃ


「PW サウンドラトル・タワー」は高さ10.5僂量收愁薀肇襪如同社の「PW カラーロール」を縦に二つつなげたような形をしています。




木枠の中の真ん中の板にあいた穴から小さい木玉が上下に移動できるようになっています。
木枠の柱部分がカラフルで、転がして遊ぶと綺麗ですし、砂時計のようにタワーの上下をクルクルと入れ替えて、玉が落ちていく様子を楽しむこともできます。

穴は木玉よりも少し大きい程度なので、うまく入れないと落ちません。
だからこそ、タワーをクルクルと回したり、傾けたりと工夫して木玉の移動する様子をじっと見ていたくなります。

「なんでおちないんだろう?」
という疑問や、
「わかった!」
という気持ちが、子どもの興味関心を高め、「考える力」を養ってくれるので、ただ転がすだけのラトルに飽きてきた頃におすすめの知育玩具だと思います。

商品情報

品名PW サウンドラトル・タワー
サイズ直径5.2x10.5cm
材質カエデ
塗装等EN71(ヨーロッパの安全基準)適合の安心安全な塗料・接着剤・ワックスを使用しています。お子様が舐めても大丈夫です。
メーカープラウンハイマー社
種別木のおもちゃ/知育玩具
対象年齢0ヶ月くらいから
お取扱い店STUDY PARK[スタディパーク]公式通販

ベスト & ロングセラー





Top